日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップ

50音カテゴリー 

ピックアップ 

みなさんからのコメント 

最近のトラックバック 

映画好きにおすすめ 




ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

DVD コンスタンティン “スーパー・ハリウッド・プライス1500円 2006年第2弾”
アヌ・リーヴス           ジョン・コンスタンティン
レイチェル・ワイズ          アンジェラ・ドッドソン/イザベル・ドッドソン
シア・ラブーフ            チャズ
ジャイモン・フンスー         パパ・ミッドナイト
マックス・ベイカー          ビーマン
プルイット・テイラー・ヴィンス   ヘネシー神父
ティルダ・スウィントン        天使ガブリエル(ハーフ・ブリード)
ギャヴィン・ロズデイル        バルサザール(ハーフ・ブリード)
ピーター・ストーメア         サタン(ルシファー)

監督: フランシス・ローレンス
製作: ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ  アキヴァ・ゴールズマン
    ベンジャミン・メルニカー  ローレン・シュラー=ドナー
    アーウィン・ストフ  マイケル・E・ウスラン
原作: ジェイミー・デラノ  ガース・エニス

国と地獄が現実世界のすぐ裏側でせめぎ合いを繰り広げる。
そんな世界観の大人向けアメリカン・コミック『ヘルブレイザー』を映画化。
異界に属する者を見分けることができる特殊な能力を持つ孤独な男、コンスタンティン。彼はその能力を使い、人間界に侵食しようとする悪を退治し地獄へと送り返すため戦い続けていた。
一方、ロサンジェルス市警の女刑事アンジェラは、双子の妹イザベルが謎の飛び降り自殺を遂げた事実を受け入れることが出来ず、真相を究明しようと独自の調査を始めていた。やがて、アンジェラはコンスタンティンに接触を図る。世界の異変を敏感に感じ取っていたコンスタンティンは、アンジェラの話が関係していると思い、イザベルの自殺の謎を解くため一緒に行動を開始する...

※コメント※
直な印象は、マトリックスの宗教バージョンって感じかな...
変に片寄った宗教性が強くて、重い映画でした。なんともコメントのしにくい映画ですよね(なら選ぶな!笑)
これをもっと暗くしたのが「ナイト・ウォッチ」ロシアが舞台の映画だけど、似ているような気がするけど、この作品の方が先だから違いますね。
斬新さが感じられなかったのが総合評価です、コミックが基盤だから仕方ないのかもしれないが、納得いかない作品でした。残念です。

スポンサーサイト
2006/08/27 22:46|カ行TB:0CM:1

 

踊る大捜査線 THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ
レインボーブリッジ封鎖できません!

かりや長介           和久平八郎
田裕二              青島俊作
葉敏郎              室井慎次
津絵里              恩田すみれ
水野美紀              柏木雪乃
ユースケ・サンタマリア     真下正義
北村総一朗             神田署長
小野武彦              袴田健吾
斉藤暁                秋山副署長
佐戸井けん太            魚住二郎
小林すすむ             中西修
甲本雅裕               緒方薫
遠山俊也               森下孝治
星野有香              山下圭子
星川なぎね             渡辺葉子
児玉多恵子            吉川妙子
小泉孝太郎            小池茂
小西真奈美            江戸りつ子
真矢みき              沖田仁美
神山繁               吉田敏明
筧利夫                新城賢太郎
小木茂光              一倉正和
高杉亘               草壁中隊長
岡村隆史              増田喜一
前原実 佐藤正行 木村陽子 広澤草 橘凛
津乃村真子 柴田かよこ 川田希 中原丈雄
升毅 河西健司 並樹史朗 加納幸和 江原達怡
大河内浩 野中功 中根徹 田中龍 小須田康人
佐々木蔵之介 偉藤康次 渥美博 眞島秀和
松本圭未 近江谷太朗 鈴木一功 林和義
畠山明子 大和田伸也 マギー 入江雅人
森下能幸 三宅弘城 木村靖司 原田修一
山下裕子 神木隆之介 六平直政 平賀雅臣
高嶋ちさ子 池田成志 三上市朗 八十田勇一
岩田和樹 青木忠宏 佐光朗 小松彩夏
沢松綾子 神崎詩織


監督: 広克行
プロデューサー: 石原隆 臼井裕詞 他
企画: 亀山千広
脚本: 君塚良一

れから5年、空き地だらけだったお台場は、いくつものビルが建ち並び、おしゃれなスポットで埋め尽くされた一大観光地へと変貌した。湾岸署では、観光客相手の地味な業務に忙殺される。そんな時、久々に青島らを奮い立たせる凶悪事件が立て続けに発生、さらには猟奇的な殺人事件まで起き、ついに湾岸署に特別捜査本部が設置された。特捜本部長には初の女性キャリア沖田が任命され、室井がそのサポートに就くことに。しかし、青島らの必死の捜査もむなしく、次々と殺人事件が...

※コメント※
画としては、インパクトもあって良かったと思いますが、私は亡き《いかりや長介》存在が印象深いですね。片寄った気持ちの中で見ていたからなのか、まるで亡くなることを予知しているかのような何ともいえない哀愁を感じていました。
でも、確か遺作としては『恋人がスナイパー 劇場版』だった気がします。
静にシナリオの感想を言うと、ドラマ全作と前作映画とこの作品を総合にするとそれほど悪い印象はないのですが、これをもし最初に見るきっかけになった人には、拍子抜けと感じてしまわないか心配ですね。 映画の臨場感は感じられない...ハッキリ言うとスペシャルドラマでもいいかもと思ってしまいます。

れは私の中では、哀愁な長介さんに会いたい時に観るくらいかな(笑)

2006/08/26 16:22|ア行TB:2CM:2

 

ラスト サムライ(期間限定) ◆20%OFF!

ム・クルーズ       ネイサン・オールグレン大尉
ティモシー・スポール   サイモン・グレアム
渡辺謙            勝元盛次
ビリー・コノリー       ゼブロン・ガント軍曹
トニー・ゴールドウィン  ベンジャミン・バグリー大佐
真田広之           氏尾
小雪              たか
小山田シン          信忠
池松壮亮           飛源
中村七之助         明治天皇
菅田俊            中尾
福本清三
原田眞人


監督: ドワード・ズウィック
製作: トム・クルーズ トム・エンゲルマン スコット・クルーフ
    ポーラ・ワグナー エドワード・ズウィック マーシャル・ハースコヴィッツ
脚本: ジョン・ローガン エドワード・ズウィック マーシャル・ハースコヴィッツ

治維新直後の日本。
政府は軍事力の近代化を図ろうと西洋式の戦術を取り入れることを決断。
一方で前時代的な侍たちを根絶させようと企んでいるさなか、政府は南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン大尉を政府軍指導のため招聘する。
彼はさっそく西洋式の武器の使い方などを教え始めるが、勝元盛次率いる侍たちの不穏な動きに焦る政府は、オールグレンの忠告を無視し、急造軍隊を侍掃討に送り出す。しかし、経験不足の兵士は侍たちの反撃になすすべなく後退、ただ一人最後まで闘い続けたオールグレンは侍たちに捕えられる...

※コメント※
映画のよくある“誤った日本の雰囲気”はなく、けっこう素直に見れて良かったです。世間通り、渡辺謙は圧倒的な存在感!!観たのは結構前なのですが、今でもしっかりと覚えてますね。
でも、最後のオールグレン大尉(トム・クルーズ)は直前まで酒びたりになっていた男とは思えない動きでした(笑)
正直、観る前から思っていたのは、日本の監督に作ってほしかった。エドワード・ズウィック監督だから不満ということはないのだけど、気持ち的に複雑でしたね。
2006/08/23 21:13|ラ行TB:2CM:2

 

ステルス デラックス・コレクターズ・エディション06.1/25発売 極秘任務ヲ遂行セヨ!

ョシュ・ルーカス      ベン・ギャノン
ジェシカ・ビール        カーラ・ウェイド
ジェイミー・フォックス    ヘンリー・パーセル
サム・シェパード
ジョー・モートン
リチャード・ロクスバーグ
イアン・ブリス


監督: ブ・コーエン
製作: マイク・メダヴォイ ニール・モリッツ ローラ・ジスキン
脚本: W・D・リクター

人ステルス戦闘機の暴走を食い止めるため3人の精鋭パイロットが立ち向かう。
近未来のアメリカ。軍ではテロ対策プロジェクトが進められ、ベン、カーラ、ヘンリーの3人のパイロットが抜擢された。彼らは最新のステルス戦闘機に乗って厳しい演習に取り組み、やがて空母へ乗艦する。
人には突然新しい仲間が加わることが告げられる。その4人目のパイロットとして姿を現わしたのは、『エディ(E.D.I.)』と呼ばれる最新鋭の人工知能を搭載した驚異的な能力の無人ステルス機だった。だが演習中、落雷に見舞われエディは突如暴走し始める...

※コメント※
イルド・スピード》のロブ・コーエン監督らしく、CGとスピード感のある映像で個人的には好きです、軽いキャスト感まで引き継がなくてもとは思いましたけど...
それにシナリオ的には先読みできてしまう、変化の期待感を持ってみていたのですが、
「え?やっぱりそうなの?」
って気分だったので残念でした...

れって近未来が舞台なのに、現代っぽく感じたり、いい感じのスピード感がいきなり失速してみたり、統一感が感じられなかったですね。キャストにも魅力が感じれなかった、個性がなかったからでしょうね。 面白かったのは、敵国が北朝鮮だったことですかね、ここだけなぜかリアルにアメリカの自信を感じられました。(笑)

あでも、単純にスカッとしたいときにはいい映画かもしれません。

2006/08/22 08:00|サ行TB:1CM:1

 

【DVD】仮面ライダー THE FIRST【DSTD-2543】
川田将也     本郷猛
高野八誠      一文字隼人/矢野克彦
小嶺麗奈      緑川あすか
天本英世      死神博士(デジタル出演)
ウエンツ瑛士 小林涼子 津田寛治
板尾創路 宮内洋 風間トオル
並樹史朗 北見敏之 石橋蓮司
本田博太郎 佐田真由美 辺土名一茶


監督: 石多可男
アクション監督: 横山誠
製作: 石井徹 中曽根千治 古玉國彦 福中脩
原作: ノ森章太郎
脚本: 井上敏樹

来ある青年・本郷猛は、悪の組織(ショッカー)の陰謀で改造人間に...昆虫バッタの並外れた能力を持った仮面ライダー1号へと変えられ、悪の手先として利用されてしまう。
しかし改造される前の記憶をふとしたきっかけで取り戻した本郷は、深い悲しみを抱えたまま組織を抜け出す。
その頃、ショッカーに婚約者・矢野克彦を殺された雑誌記者の緑川あすかは、本郷の仮面ライダー1号を犯人と思い込み憎しみを抱く。
一方、ショッカーは矢野と瓜二つの男・一文字隼人を仮面ライダー2号に改造し、完全体の仮面ライダー1号・本郷を捕獲するための刺客として送り込まれる。

※コメント※
にかく懐かしかった。でも、今回の仮面ライダーのデザインはだいぶ違いました。
確か、このライダーコスチュームは2着あわせて1000万近い費用がかかったと、上映時期に報道されていた。確かに何かの映画祭の時にキャストと別に警備が付いて運ばれていたのを映像で見ましたね。
初の怪人の出現で、昔もショッカーは衝撃的だったな...と思い出し、その後に懐かしい音楽、往年のライダーファンをくすぐる ♪~迫る~♪ショッカー~♪は、ちょっと感動。でも、全体的には大きな感動はなかったかも...
殴る・蹴るの旧作戦闘スタイルを取り入れ、ワイヤーアクションなどで派手に魅せくれて、ときどき早く起きて見かける最近のTVの仮面ライダーのようなCG使いまくりの感じじゃなくて良かったとは思いました。
もう前作と思いますが『仮面ライダー 響』は、たまたまのTVでなのか移動手段が自動車だった...もうライダーちやうやん!!それも鬼やし...
そういう意味では、これは安心して見れました(笑)
ャストは、ウエンツ瑛士が思春期の青年役?どうかと思う、ちょくちょく出てきてはあんまりインパクトのない演技...どうなの?必要だったの?(怒)
TVの30分の尺を無理に引き伸ばした感じ、コスチュームに費用かけてたけど、続編はこの先も期待できないかな。
2006/08/20 17:05|カ行TB:5CM:4

 

【送料無料】オリジナル・サウンドトラック/パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェ...O.S.Tパイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
さらば、ジャック・スパロウーー

ョニー・デップ        ジャック・スパロウ
オーランド・ブルーム     ウィル・ターナー
キーラ・ナイトレイ        エリザベス・スワン
ビル・ナイ             デイヴィ・ジョーンズ
ステラン・スカルスガルド  “ブーツストラップ”・ビル・ターナー
ジャック・ダヴェンポート   ノリントン
ケヴィン・マクナリー      ギブス
ナオミ・ハリス          ティア・ダルマ
ジョナサン・プライス      スワン総督
マッケンジー・クルック    ラジェッティ
トム・ホランダー        ベケット卿
リー・アレンバーグ       ピンテル
ジェフリー・ラッシュ       バルボッサ

監督:ア・ヴァービンスキー
製作:ジェリー・ブラッカイマー
脚本:テッド・エリオット テリー・ロッシオ

賊船船長ジャック・スパロウに最大の危機が訪れる。
呪われた海賊バルボッサとの壮絶な闘いを乗り越え、再びブラックパール号の船長となったジャック・スパロウ。しかし彼は、海賊なら誰もが恐れる幽霊船フライング・ダッチマン号の船長デイヴィ・ジョーンズにもうじき魂を奪われようとしていた。
13年前にブラックパール号を手に入れるためジョーンズと“血の契約”を交わしており、その契約の刻限が迫っていたのだ。それでもジャックはその事態を打開するべく、命運を握るある鍵の行方を追い始める。一方、結婚式を挙げようとしていた鍛冶屋の青年ウィルと総督の娘エリザベスは、ジャックを逃がした罪で投獄されるハメに。やがて、2人は再びジャックに会わなければならない宿命となり、それぞれ彼のもとへ向かう...

※コメント※
力のある映画だったと思うけど...けど...
個人的には「呪われた海賊たち」が良かったかな~期待しすぎたのかな、完全に「3」に続きます~ってのがね~
普通なら期待感で終わるんだけど、なぜか不安感が残り「次は大丈夫なのかな?」なんて...

端に悪かったわけじゃないと思う、ゴア・ヴァービンスキー監督のテンポも良さや映像もちょっとごちゃごちゃしたところはあったが許せる範囲だ。
せっかく「呪われた海賊たち」の時に個性が固まったキャストが、成長した結果らしいけど、変わりすぎかなと思いました。
エリザベスの性格も合ってない気が...ジャックや乗組員の笑いも無理があったような...
2006/08/20 15:29|ハ行TB:11CM:8

 

【DVD】【25%OFF!】NANA-ナナ-STANDARD EDITION
島美嘉      大崎ナナ
宮崎あおい    小松奈々(ハチ)
成宮寛貴      寺島伸夫(ノブ)
松山ケンイチ   岡崎真一(シン)
平岡祐太      遠藤章司
サエコ        川村幸子
伊藤由奈      レイラ
水谷百輔      藤枝直樹(ナオキ)
能世あんな    早乙女淳子
高山猛久      高倉京介
丸山智己      高木泰士(ヤス)
玉山鉄二      一ノ瀬巧(タクミ)
松田龍平      本城蓮(レン)

監督: 谷健太郎
製作: 近藤邦勝
脚本: 浅野妙子  大谷健太郎

作:矢沢あい「NANA」(集英社『クッキー』連載)

い年で同じ名前の女の子「ナナ」と「奈々」の物語
不幸な生い立ちを背負い、歌で成功することを目指し上京するパンクバンドのボーカル「大崎ナナ」と、普通の家庭に育ち、恋人を追って上京する、恋に恋する女の子「小松奈々」。
性格も環境も正反対のふたりの運命的な出会いと東京での同居生活を通して20歳の女の子の恋と友情、夢と現実…を、時にクールに、時にキュートに、現代の青春ストーリーとして描き出していく。
ボーカリストのナナに現実のカリスマボーカリスト『島美嘉』
恋愛至上主義の奈々に様々な顔の女性を演じきる女優『崎あおい』

※コメント※
容は、ほぼコミック通りで特に印象的な感想はないのだが、役者もほとんどが、想像よりも役柄にハマっている。
に大崎ナナ役の中島美嘉があまりにもぴったりでびっくりしました。
最近はアニメ化までされていますが、私の周りはちょうど「映画」から入り込んだ人や、「コミック」で昔からはまっている人、「アニメ」から入り込んだ人、三者三様だがやはりストーリー性なのか人気がありますね~
私はその三者のおかげで、全部を読破(笑)

とつ驚いたのは、元は「大崎ナナ」の読切りと、「小松奈々」の読切りだったということをコミックで知りました。よほど人気があったんでしょうね~二人が同じ舞台で再連載したんですから

ANA2」は製作スタートしていて、2006.12.9.ロードショー決定しているので、それに期待です。

2006/08/19 07:42|ナ行TB:3CM:1

 

☆おすすめ特価DVD☆コヨーテ・アグリー 特別編集版
イパー・ペラーボ     Violet Sanford
マリア・ベロ          Lil
アダム・ガルシア      Kevin O'Donnell
ジョン・グッドマン      Bill Sanford
メラニー・リンスキー     Gloria
タイラ・バンクス
イザベラ・マイコ
ブリジット・モイナハン


監督:イヴィッド・マクナリー
脚本:ジーナ・ウェンドコス

ューヨークのイーストビレッジに実在するクラブ“コヨーテ・アグリー”に脚本。
ソングライターを夢見てニューヨークで一人暮らしをするヴァイオレットは、生活資金を稼ぐためにクラブ・バー“コヨーテ・アグリー”で働くことにした。そこでは、弁護士や女優を目指している女性バーテンダーたちが、カウンターの上でセクシーでエキサイティングなダンス・パフォーマンスを繰り広げる。ここから、1人のスターが生まれようとしていた...

※コメント※
人的には、5つでもいいかな~っとも思うけど、カクテルを作るシーンがもっとあると思っていたので...
ありきたりに言えば、青春サクセスストーリーってところですかね。
かっこいいな~、それなりにキャストの個性も曲も良かったと思います。

だが、正直シナリオはどうなんでしょう...

まあ、元気のないときに観ると元気になるでしょうね。

2006/08/18 01:08|カ行TB:2CM:2

 

スーパーマン リターンズ ポスター 
ランドン・ラウス
ケイト・ボスワース
ケビン・スペイシー
ジェイムズ・マーズデ


監督・製作:ライアン・シンガー

年前、地球から忽然と姿を消したスーパーマンことクラーク・ケントは、自分の居場所を求めて宇宙の果てまで旅をしていた。しかし、クリプトン星のほぼ消滅を確認、生存者は自分しかいないと知ってしまう。そして自分の故郷は地球しかないと悟った彼は、育ての親のもとに戻ってくる。
が彼はそこで戦争や災害など、あまりに厳しい現実を知ってしまう。さらに永遠の恋人ロイスは婚約、幼い息子(ここ大事♪)まで産んでいた。宿敵のレックス・ルーサーまでも刑務所を脱獄、余命わずかな資産家から遺産を騙し取り、全人類を標的にした破壊計画を着々と進めていた...

※コメント※
一印象は、懐かしかった♪
クリストファー・リーヴの「スーパーマン4 最強の敵」1987年製作...クリストファー・リーヴの落馬事故でもう見ることができなくなっていたが、19年前に観た感動を思い出しました。

容は、どちらかと言うと最初の「スーパーマン」に戻った感じに思いました。ドラマ「ヤング・スーパーマン」の影響で「リターンズ」の製作に撮りかかったと聞いてますが、クリストファーのスーパーマンの設定を大事にしてくれて感激でした。でも、ブランドン・ラウスはもうスーパーマン以外はできない気がする(笑)あまりにもはまり役です。まあでも、クライマックスからするとシリーズ化は間違いないでしょうね。さらに...言いたい...(観るとわかります 笑)

う、かなり昔で忘れかけていた部分が多かったけど、観ているうちに懐かしく楽しくなってきました。
それに、企画から完成まで13年の歳月がかかったらしい。いろいろトラブルやキャスト問題があったんでしょうね

と、余談ですが、前に映画紹介番組?だったと思うけど...
Q.なぜメガネだけで、誰もクラークがスーパーマンであることに気付かないのか?
A.メガネから催眠波が出ていて気付かない。
Q.脱いだスーツはどうするの?
A.マントの裏にポケットがあり、力任せに圧縮している。
通販の布団圧縮袋顔負け?ってか、スーツはそのあと着れるのだろうか(笑)


2006/08/16 22:15|サ行TB:6CM:4

 

☆最新おすすめ商品☆ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] 2枚組初回生産限定盤
アン・グリフィス ジェシカ・アルバ クリス・エヴァンス
マイケル・チクリス ジュリアン・マクマホン ほか

監督:ィム・ストーリー

優しき天才科学者リード(ヨアン・グリフィス)と、彼の元恋人で美しき女性科学者のスー(ジェシカ・アルバ)、スーの弟でパイロットのジョニー(クリス・エヴァンス)、リードの親友ベン(マイケル・チクリス)。彼ら4人は、スーの現在の恋人で野心的な実業家ビクター(ジュリアン・マクマホン)の援助を受けて、人類の進化を解明するための宇宙実験を実施する。
かし、計算外に早くやってきた宇宙嵐の高エネルギー光線を浴びたことにより、DNAが変化した彼らは人間を超えた能力を授かることになる。
そんな折、予期せぬ事故に遭遇し、彼らはその特別な能力で人々を救ったことから、世間やマスコミから注目されることになる。こうした混乱から逃れるため、そして、元の体に戻そうとする実験を行うため、彼ら4人は共同生活を始めていく。

方、宇宙実験の失敗で名声と資産を無くした実業家ビクターの体にも変化が訪れ、喪失感の中で仲間を恨み、破壊光線を発するパワーを持った邪悪な存在となり、次々と恐怖の計画を進め、ニューヨーク市民を恐怖のどん底にたたき込んでいく。

ードたち4人は、とまどいながらも、それぞれが授かった超能力を人々を助けるために役立てようと誓い、ニューヨークを舞台にかつての友ビクターと戦う決意をする...

※コメント※
メコミからの映画化は、純粋にヒーローもの~♪って感じですね。
スーパーマン リターンズもそうでしょうねぇ~
純粋に何も考えず、そのままみて楽しかったなぁ~でいいんじゃないかな

開もスムーズでキャラクターの個性もしっかり分かれていて、でも、それでいて古臭くなくわかりやすい映画でしたね。
わかりやすすぎて、展開は悩まずともわかるので...考えないようにしましょう(笑)

だ、何度も見るものではないかな...
暗さもなく、ドロドロした所もなく、明るく楽しくみれる映画でした。

2006/08/14 21:35|ハ行TB:0CM:2

 

サントラ/オリジナル・サウンドトラック「ユナイテッド93」O.S.T 「ユナイテッド93」
リド・アブダラ ポリー・アダムス オパル・アラディン ルイス・アルサマリ デヴィッド・アラン・ブッシェ リチャード・ベキンス スターラ・ベンフォード オマー・バーデゥニ スーザン・ブロンマート レイ・チャールソン クリスチャン・クレメンソン ライザ・コロン・ザヤス ゲイリー・コモック ローナ・ダラス デニー・ディロン トリエスト・デュン トリッシュ・ゲイツ ケイト・ジェニングス・グラント ジェイミー・ハーディング ピーター・ハーマン タラ・ヒューゴ マルセリーヌ・ヒューゴ シェエン・ジャクソン ジョー・ジャムログ コーリイ・ジョンソン J・J・ジョンソン マサト・カモ ベッキー・ロンドン ピーター・マリンカー ジョディー・リン・マクリントックン ナンシー・マクダニル リビー・モリス トム・オルーク サイモン・ポーランド デヴィッド・ラッシュ エリック・レッドマン マイケル・J・レイノルズ ジョン・ロスマン ダニエル・サウリ レベッカ・スカル クロー・シレーン オリヴィア・サールビー チップ・ジエン レイ・ジンマーマン

監督:ール・グリーングラス

2001年9月11日...忘れられない日...

メリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほぼ同時にハイジャックされる。うち2機はワールド・トレード・センターに、もう1機は国防総省ペンタゴンに激突炎上した。
しかし残る1機、乗客40人を乗せたユナイテッド航空93便は、なぜかターゲットに到達することなく、ペンシルヴェニア州に墜落した。

作はこのユナイテッド航空93便の物語である。

族との電話で自らの運命を悟った乗客たちが乗る機内での様子や、テロの事実に混乱しながらも被害を最小限に食い止めようと奔走する地上の航空関係者たちの緊迫のやり取りを極限の臨場感で描き出す衝撃のノンフィクション・サスペンス。
製作スタッフは、遺された家族の人々や管制塔はじめ関係機関への入念な取材を行い、今となっては決して誰も知ることのできない機内の様子を含め、当時の状況を可能な限りリアルに再現。

※コメント※
葉を失う作品でした。ノンフィクションだからこその迫力...
終わって、すぐに動くことができませんでした...
あまりにも衝撃的で、エンドロールにもインパクトがありすぎます。
記のキャストは全員がメインと思い、書き出せるだけ書き出しました。

情報で耳にしていたのですが、登場する管制官や軍関係者の一部のキャストには、9月11日に実際にその場にいた本人が自ら演じている。
誰が経験者かは気付けませんが、だからこそ緊張感が伝わってきました。

ール・グリーングラス監督は、遺族全員と話をし、管制塔では、実際の交信された音声を使用しているそうです。

の作品は賛否両論らしい...時期尚早ではないかとか、F-16戦闘機の撃墜説があるからとか言われている。 しかし、ボイスレコーダーに残らない客室での惨劇、決意、協力、正義があったからこそ、遺族全員の声を元なったから、遺族から支持の声があがってトライベッカ映画祭で公開された。

い先日のイギリスの爆破テロ未遂事件が印象で、もし未遂で抑えられなかったとしたら、9.11以上の被害があったかもしれないと...
近、Webで一部公開されている日航機墜落事故のボイスレコーダーを聞いていて、今回は追い討ちをかけるように衝撃的でした。

2006/08/13 17:37|ヤ行TB:5CM:5

 

デイ・アフター・トゥモロー 特別編(初回生産限定)
ニス・クエイド ジェイク・ギレンホール エミー・ロッサム
セーラ・ウォード アージェイ・スミス タムリン・トミタ
オースティン・ニコルズ イアン・ホルム ティム・バグレイ
トミー・チャン ジョー・コブデン リック・ホフマン
J・P・マヌー ダッシュ・ミホク ネストール・セラノ
エイミー・スローン ジョン・H・トビン

監督: ーランド・エメリッヒ
球温暖化により近い将来引き起こされるといわれる地球崩壊への道のりを描いたパニック映画
異常気象がもたらす様々な大規模自然災害を映像化。
酸化炭素の大量排出は依然として止まるところを知らず、それに伴う温暖化は日に日に深刻さを増していた。
極の氷河を研究する古代気象学者のジャック・ホール(デニス・クエイド)教授は、独自の調査結果から地球の危機を予測、科学者を集め緊急会合を開き地球規模の“スーパー・ストーム”が出現すると警告する。
がて予測は現実となり、巨大な竜巻がLAを襲い、一方のニューヨークでは巨大な高波が街を呑み込もうとしていた。そこには、仲間たちと高校生学力競技大会に来ていたジャックの息子サムもいた。ジャックはできるだけ多くの人命を助けるため、そしてニューヨークで立ち往生したサム(ジェイク・ギレンホール)を救い出すため奔走するのだった...

※コメント※
力は申し分なしです。
ありきたりじゃない設定が良かったと思います。
この手は、災害が起こる前に対処し、成功し地球は救われる~...なんてのが多いのですが、これは災害後に希望やどう生きていくかなんかが表現されていて、新鮮でした...
だ、綺麗過ぎるような気がしますけど...
人の冷酷な部分や、自然動物の状況、動物園の狼ぐらいでしか印象にないし...足りない要素が多かったと思います。

像的には、NY5番街が水没したあとに、巨大タンカーが現れた発想は度肝を抜かされました♪

れに真実味のある話でしょうね、温暖化は現実問題ですし、ここまではないにしろ異常気象もどんどんエスカレートしてきてますし、それを考えると恐怖します。
有名キャストを起用していない分、ストーリーに集中でき、飽きずに楽しめました。
でも、やっぱりハリウッド映画ですね~
悪いとは言いませんが、家族愛、人類愛...アメリカ愛って感じでした。

2006/08/13 14:03|タ行TB:1CM:2

 

交渉人 真下正義 プレミアム・エディション
ースケ・サンタマリア 寺島進 小泉孝太郎 高杉亘
松重豊 甲本雅裕 遠山俊也 柳葉敏郎 水野美紀

監督 : 広克行

2003年11月24日
インボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」直後、真下正義警視は、湾岸署の前で、報道陣に取り囲まれ、警視庁初の交渉人(ネゴシエイター)として、事件解決の経過を説明していた…。

れから1年…。

2004年12月24日
乃とクリスマス・イブのデートの約束をしていた警視庁交渉課準備室課長の真下は、その日の午後、突然、室井管理官から呼び出しを受ける。警視庁史上、最悪の緊急事態が発生。 東京の地下鉄の最新鋭実験車両(通称:クモ)1両が何者かに乗っ取られた!!

※コメント※
るシリーズを知る私としては、今までの組織構図の外のシナリオで作られたなら、自由に新キャストをもっと生かしてほしかったと思ってしまう。
キャスト背景が強引な感じで馴染んでいなかった。

れに「交渉人」ですよね~タイトルが...
生かされてない...犯人と真下の心理戦を期待していたのだけど、真下の誘導だけ?
ってか、真下?ユースケ?演じています?素のキャラクターでいるだけ...まぁ、それは踊るシリーズからだけど。
そう思うと、小田裕二やいかりやさんが今まで真下を引き立たせていたのかも...

ピンオフ(※)としてじゃなく、単独作品としてなら楽しめるのかもしれませんね。
※人気作品のサブキャラをメインにする(知ってるか…)

2006/08/13 10:40|カ行TB:0CM:1

 

●ネットバンキング決済・コンビに後払いも可能!☆最新おすすめ商品☆Mr.&Mrs.スミス プレミ...
ラッド・ピット アンジェリーナ・ジョリー グレッグ・エリス
ヴィンス・ヴォーン アンジェラ・バセット アダム・ブロディ
パトリカ・ダーボ キース・デイヴィッド ウィリアム・フィクナー
ミシェル・モノガーン

監督:グ・リーマン

互いに強烈に惹かれあって、電撃的に結婚したジョンとジェインの スミス夫妻。
しかし、結婚から6年たった今、マンネリ化した生活に刺激もなくなり、倦怠の日々。
オープニングには、夫婦問題のセラピストのオフィスでの話し合いがあるが...
二人にはそれぞれお互いに明かしていない秘密があった。
人は暗殺者であり、 しかも、それぞれ敵対する組織に属する伝説の暗殺者なのだ。
そして、二人の次の標的は自分の配偶者…。

※コメント※
画を観終わって、最初の印象は

上最大の夫婦喧嘩(笑)

とにかく面白い、アクションとコメディの要素を兼ね備えている作品です。
人的ですが観る価値はあると思います!
に目を惹くのはアンジェリーナです。 透明感のある美女をイメージする結婚前と、スーツで髪をアップに知的なイメージの結婚後、それに夫婦生活の中の表と裏の表情の違い、豹変振りはすごいとしかいいようがありません。
の点、ブラッド・ピッドは表と裏が感じらず、曖昧な印象。
相手が悪かったといった感じですかね...

回はアンジェリーナの勝利♪

なみに当初のキャスティングは、ニコール・キッドマンのようでしたが、結果的にはアンジェリーナに、でも正解だったと思います。
しかし、キッドマンだったら、私生活でブラピとジェニファー・アニストンの破局はなかったかも(笑)
まぁ、これからは夫婦喧嘩の予行練習は作品でしたと思うから、アンジェリーナと円満に~...でも別れるとしたら、アンジェリーナがブラピを捨てそうだ。(汗)

2006/08/13 01:12|マ行TB:0CM:0

 

●映画「ダヴィンチ・コード」オリジナル・サウンドトラック CD(2006/5/17)
ム・ハンクス オドレイ・トトゥ イアン・マッケラン
アルフレッド・モリナ ジャン・レノ ポール・ベタニー
ユルゲン・プロフノウ エチエンヌ・シコ
ジャン=ピエール・マリエール

監督: ン・ハワード
原作: ン・ブラウン 『ダ・ヴィンチ・コード』(角川書店)

ーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起こる。遺体は奇妙な体勢で横たわり、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。フランス警察のファーシュ警部(ジャン・レノ)は、講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)に協力を依頼、事件現場に呼び出す。宗教象徴学の権威であるラングドンはさっそく暗号の解読を始めるが、この時警部はラングドン自身をこそ疑っていた。そこへ、暗号解読官ソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)が現われる。ラングドンが無実で、事件解決には彼の力が不可欠だと確信する彼女は、驚きの行動に出るのだった…。

件の裏に秘められたキリスト教をめぐる人類史上最大の秘密に迫るミステリー。

※コメント※
直、むずかしい映画と思います。
多少なり予備知識はあったほうが楽しめるミステリー映画ですね。
まぁ、でも公開間近に民放各社でスペシャルを放送していたので、それで興味が沸いた人が観に行くんでしょうから、いらぬ心配ですか...

・ヴィンチ・コード・デコーデッド」はレンタルであります...
それなんかを観てみると、たぶんキリスト教、マグダラのマリア、イオン修道会を少しは理解できると思います...さらに悩む場合もあるかも...
当は原作を読むのが一番いいと思いますが、そうすると私のように物足りない気分になるでしょうけど(笑)
原作(当然日本語訳のものw)と比べてしまうと、なぜか思想というか、とても大事な部分を映画では省略している感覚になります。
ミステリーの部分を全面に打ち出しているから仕方がないと割り切って観ていました。
だ、やはり文字より、映像はイメージしやすく、原作を捻じ曲げているような内容ではなかったので、改めて理解した場面もありました♪

私にとって不思議なのは、映画より『世紀の天才ダ・ヴィンチ最大の謎と秘密の暗号“ダ・ヴィンチ・コード”の真実に迫る!』というスペシャル番組の方が、魅入ってしまっていましたね...
あと、海外番組ですが『ダ・ヴィンチ・コードの謎』もおもしろかった(汗)そんなことでは、だめですね...


映画は、ミステリーとして楽しみつつ、原作等に興味を持つきっかけとして観てみるといいかもしれないです。

れは真実であると誤解しないように。あくまでも、フィクションの世界であって、今のところ、歴史的に真実であると言う定説にはまだなっていません。(これからは知りませんが…)

2006/08/12 22:20|タ行TB:1CM:2

 

カート・ラッセル/ポセイドン
ート・ラッセル ジョシュ・ルーカス リチャード・ドレイファス
エミー・ロッサム ジャシンダ・バレット マイク・ボーゲル
ミア・マエストロ ジミー・ベネット アンドレ・ブラウワー
ケビン・ディロン フレディ・ロドリゲス ステイシー・ファーガソン 他

長337m、全高は68mで、20階建てに相当し、800の客室を有し、約2600名の乗客、1500名の乗員を収容できる世界最大の豪華客船ポセイドン号。
大みそかの夜。北大西洋を航海中のこの船では、新年を祝うパーティーが始まっていた。
かし、新年を迎えた直後、ポセイドン号は激しい衝撃に襲われた。50メートル近い異常波浪に呑みこまれて、巨大な船体が180度ひっくり返ってしまった。
壊れた窓からすさまじい勢いで海水が流れ込むなか、次々と乗員・乗客が落下していく。
支柱が倒れ、ガス管の破損により火災が発生。明かりが消え、真っ暗になった船内は完全なパニック状態に陥った。ダンスホールには、生き延びた人々がおびえながら立ちすくんでいた。
船員は、ここで全員じっと救助を待つべきだと主張するが、ディランは自らの直感を信じ、一人脱出を企てる。一方、前NY市長のロバートも、別の場所にいる娘ジェニファーを捜すため、ディランと行動を共にするのだったが...

※コメント※
口かもしれませんが。。。こんなもんです。。。
実際、上映時の人気もいまいちでしたし。。。
客船の転覆といえば、『LIMIT OF LOVE 海猿』も時を前後して公開されている影響かもしれません。
製作日数や費用は莫大にかかっているだけあって、映像だけはすごいと思います。
でも、ストーリー性がいまいち...
実-ポセイドン号-が存在していたことはわかりますが...キャストは架空なのだから、その辺に力を入れていても良かったのでは?
人物構成が淡くしか理解できないうちに、大津波って...

きなりですか?」

然としている間に客船が反転してしまう。
ディランは、主人公?ただの勘のいい人...だけになってしまってる。あとは、ギャンブラーなんだなぁ~ということ。
終わってみると98分という超大作と言っている作品にしては短いとも言える上映時間...途中制作費不足で強行上映されたという噂も聞く。
(それなら少し納得かも...)

ープニングで船上を走るディランは、オールCGでそのシーンだけでも製作日数が確か1年半以上かかっているはず、当然費用も...
そして、汚れた水に長時間浸かっていたため、多くのキャストやスタッフが伝染病にかかっている
して、カート・ラッセルも久々に体を張っていたのに...
個人的には残念な作品ですね。

リジナルの『Poseidon Adventure-ポセイドン・アドベンチャー』のリメイク作品です。

2006/08/12 16:31|ハ行TB:0CM:1

 

〔送料無料キャンペーン中〕頭文字<イニシャル>D THE MOVIE 通常版-DVD-
ェイ・チョウ(周杰倫) 鈴木杏
エディソン・チャン(陳冠希) ショーン・ユー(余文樂)
アンソニー・ウォン(黄秋生) チャップマン・トウ(杜汶澤)
ケニー・ビー(鍾鎮濤) ジョーダン・チャン(陳小春)
リュウ・ケンホン(劉畊宏)

業の豆腐屋の配達でハチロク(AE86)を運転するうちに、知らぬ間に常人離れしたドライビング・テクニックを身につけた高校生・藤原拓海(ジェイ・チョウ)。ある晩、配達の帰りに秋名山の峠道を流していた拓海は、「赤城レッドサンズ」の高橋涼介(エディソン・チャン)や「妙義山ナイトキッズ」の中里毅(ショーン・ユー)ら、峠のスペシャリストたちと出会い、自分が持つ走りの才能に目覚めていく。かつて“秋名最速の男”と言われた父・文太(アンソニー・ウォン)、拓海に好意を寄せる幼なじみの茂木なつき(鈴木杏)ら、周囲の人々の期待を背負って、拓海と走り屋たちとの熾烈なドリフト・バトルが幕を開ける!

※コメント※
ースバトルのシーンは日本のレーシングチームが実際に改造車を使ってCG一切無しで撮影した聞いていたので、ちょっと期待していました。
確かにドリフトシーンの迫力はすごかった!...が...

直、期待が大きすぎたんですかね~物足りなさを感じてます。
CSで『頭文字D Forthstage』までアニメを見ている影響なのか、コミックを読んでいる影響なのか、設定に許せない場面が多すぎたような気がします。
に、拓海の父親の設定は「えぇ!!!」って感じです。

2006/08/12 15:21|ア行TB:0CM:2

 

ム・クルーズ ミッション・インポッシブル3

〔送料無料キャンペーン中〕オリジナル・サウンドトラック『M:i:3(ミッションインポッシブル 3)...
タイムリミット48時間――この夏、世界各国で最も不可能なミッションが始まる!

ム・クルーズ              イーサン・ハント
フィリップ・シーモア・ホフマン    オーウェン・デイヴィアン
ヴィング・レイムス            ルーサー
マギー・Q                 ゼーン
ジョナサン・リス=マイヤーズ    デクラン
ミシェル・モナハン            ジュリア
ローレンス・フィッシュバーン     ブラッセル
ケリー・ラッセル              リンジー
ビリー・クラダップ            マスグレーブ
サイモン・ペッグ             ベンジー
エディ・マーサン
バハー・スーメク
グレッグ・グランバーグ
トレイシー・ミッデンドーフ


監督: ・J・エイブラムス
製作: トム・クルーズ ポーラ・ワグナー
原作: ブルース・ゲラー
脚本: J・J・エイブラムス アレックス・カーツマン
    ロベルト・オーチー

ルリン、ローマ、上海を舞台に、トム・クルーズが激しいアクションを演じたシリーズ第3弾!

退したイーサン・ハントは教官となり、婚約者のジュリアと幸せな日々を過ごしていた。しかし教え子リンジーの危機を知らされた彼は、現場に復帰。リンジーの救出作戦に参加、しかし彼女は頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまう。その後、一連の事件の裏に闇商人オーウェン・デイヴィアンがいることを知ったイーサン達は、デイヴィアンを秘密裏に確保すべく、一路バチカンへと向かう...

回監督を務めたのは、テレビドラマ「LOST」などを大ヒットに導いたJ.J.エイブラムス。
前作であるジョン・ウー版のアクション性を引き継ぎながらも、イーサン・ハントを一人の人間として描いている。

※コメント※
M予告を観ても、驚くような映像はありませんでした。だけど、このテーマソングを耳にすると、魔力ですかね~ワクワクしてしまいます。
実際見てみると、アクション映画としては最高と思いますが、スパイ映画とは感じられない気分でした。しかし、前作よりは飽きずに観られた、正直前作の印象は「シリーズ化はやっぱり難しいねぇ」と思いましたから...

ライマックスの
I love you.」

生きるために死ぬ...
これは、ある意味ドキドキしましたね。
しかし...あんな女性は世の中にいるのだろうか(笑)
看護師ですよね...銃を扱える???後日スカウトだね(笑)
Ⅳでは妻としてだけじゃなく、チームの一員になってそうですね

も、最後まで楽しめた作品と思います♪


2006/08/12 12:26|マ行TB:0CM:2

 

●ネットバンキング決済・コンビニ後払いも可能!トランスポーター2 DTSスペシャル・エディション
ェイソン・ステイサム    フランク・マーティン
アレッサンドロ・ガスマン   ジャンニ
アンバー・ヴァレッタ      オードリー・ビリングス
ケイト・ノタ             ローラ
マシュー・モディーン     ジェファーソン・ビリングス
ジェイソン・フレミング
キース・デヴィッド
ハンター・クラリー
シャノン・ブリッグス
フランソワ・ベルレアン


監督:イ・レテリエ
製作:リュック・ベッソン スティーヴ・チャスマン
脚本:リュック・ベッソン ロバート・マーク・ケイメン

英国特殊部隊にいたフランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)は、前作ではリヴィエラを舞台に、運び屋(トランスポーター)をしていた。

び屋としてのルール
① 約厳守
② 前を聞かない
③ 頼品は開けない
前作で、ルール③を破り、依頼品の中身は人間...

回は、前作から時が経ち、フランクは引退しマイアミ州に住み、そこで運転手として仕事をしていた...
しかしまたも、ルールを破る仕事を引き受けることになってしまった...今度の依頼品は、6歳の少年...

※コメント※
っきり言ってスピード感ばっちり、ゆったりするシーンはまったくなかったような気がします(笑)
終わったときには、時間の錯覚を感じてしまいました。

初のカージャックに対する格闘は別として、お金持ちのビリングス家のお抱え運転手でジャックの送り迎えのシーンを観たときは、フランクも前作と違いソフトになったのかな~と思いきや...
そのあとからは、終わりまで激しく、思いっきり引き込まれました。

だ、爆弾を切り離すシーンは「ええぇ?!!!」って気分でしたけど(笑)


2006/08/11 01:25|タ行TB:0CM:1

 

ウィリアム・モーズリー/ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 スペシャル・2-
ィリアム・モーズリー    ピーター・ペベンシー
アナ・ポップルウェル     スーザン・ペベンシー
スキャンダー・ケインズ   エドマンド・ペベンシー
ジョージー・ヘンリー     ルーシー・ペベンシー
ティルダ・スウィントン    白い魔女
ジェームズ・マカヴォイ   タムナスさん
ジム・ブロードベント     カーク教授

の出演:リーアム・ニーソン    アスラン
ルパート・エヴェレット         キツネ

監督:ンドリュー・アダムソン
製作:マーク・ジョンソン
原作:C・S・ルイス 脚本:アンドリュー・アダムソン クリストファー・マルクス     スティーヴン・マクフィーリー アン・ピーコック

二次世界大戦下のイギリス。ロンドン空襲を逃れるために田舎のカーク教授のお屋敷に預けられた。
い4人ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの兄弟姉妹が古くて広い教授の屋敷の空き部屋にある衣装ダンスの中から、何かに導かれるようにその奥へと進んでいく。そして、ふと気づくとルーシーは雪に覆われた森の中に立っていた。魔法の国「ナルニア」にタイムスリップして体験する運命を描いたもの。

※コメント※
ープニングから、重い空気に包まれた戦争シーン・・・
ふと、これは本当にディズニー映画???かと思いました。
悲しみをこらえる母親と兄弟姉妹の別れ…
重い雰囲気に引き込まれていたが、徐々に展開はファンタジー化していくので安心♪
語が進むにつれ、突っ込み所が多々あるストーリー展開…先が見えてましたが、飽きることなく観ることはできました。
セピア調で表現された「ナルニア」はピッタリな感じで、架空な生き物も無理なく調和して違和感なく楽しむことができました。
ただ、最後のアスラン軍と魔女軍の戦いが、あっけなく片がついてしまい、一番の見せ場のはずなのだが印象が薄い…トータルでは良かったと思いましたが、最後が残念という感じです。

2006/08/11 00:12|ナ行TB:1CM:2

 

「摩天楼はバラ色に」オリジナル・サウンドトラック
イケル・J・フォックス ブラントリー
ヘレン・スレイター    クリスティ
リチャード・ジョーダン  ハワード
マーガレット・ホイットン ヴェラ
ジョン・パンコウ
フレッド・グウィン
エリザベス・フランツ
クリストファー・デュラン
マーセデス・ルール

監督:ーバート・ロス
製作:デヴィッド・チャンスマン
脚本:ジム・キャッシュ ジャック・エップス・Jr 他

台はニューヨーク。
成功を夢見てカンサスの田舎からやって来た若者ブラントリー(マイケル・J・フォックス)は、意気揚々と就職活動。だがどこの会社も未経験者を雇おうとはしない。親戚を頼って、何社もの関連会社をもつ巨大コングロマリット、ペンロープ・コーポレーションに急遽入社。しかし部署は郵便物の配送業務…その仕事を利用して、ブラントリーは、会社の状況をつかむ。そして空いた重役ポストに偽名で入り込む。
そこからは、型破りな発想から一躍会社の中心ポストに、そしてクリスティ(ヘレン・スレイター)に接近。機会あるごとに彼女に声を掛け気を引くが・・・欲求不満のベラ(マーガレット・ウィットン)に気に入られてしまう。
そこからが、三角?四角?関係に・・・
テンポのいいハチャメチャロマンティック・コメディ

後にはマンハッタンでバラ色の成功を手に入れるのだった。

※コメント※
ぜか、昔から気に入っている映画です♪
田舎暮らしの青年が都会で成功するという、ありきたりなのだがテンポの良さと重役室やエレベータでの着替えなんかは笑えます。 シンドラー社のエレベータ?(笑)
続編製作に、邦題は「摩天楼はもっとバラ色に」に違いないと一部で憶測が流れたが、結局実現しなかった...個人的には残念...でも、これで終わったから良かったんでしょうね
小田裕二主演の「お金がない」は、この映画を参考にしたらしいと聞いたことがあります。確かに、似ているかも・・・(笑)
2006/08/10 22:38|ナ行TB:0CM:2

 

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ
ョニー・デップ     ジャック・スパロウ
オーランド・ブルーム  ウィル・ターナー
キーラ・ナイトレイ    エリザベス・スワン
ジェフリー・ラッシュ
ジョナサン・プライス
ジャック・ダヴェンポート
リー・アレンバーグ
ブライ・クーパー

監督:ア・ヴァービンスキー
製作:ジェリー・ブラッァイマー
脚本:テッド・エリオット テリー・ロッシオ他

の海を舞台にひとつのメダルを巡って展開する4人の男女のミステリアスな運命の物語を壮大なスケールで描く。
17世紀、海賊たちが大海原を荒らしまわっていた遥かなる時代。カリブ海の港町ポートロイヤル。美しい総督の娘エリザベスはかつて海上で助けた少年ウィルが身につけていた黄金のメダルを手に入れ、今も密かに保管していた。そんなある日、突然ブラックパール号に乗ったキャプテン・バルボッサ率いる冷酷な海賊たちが町に現われ、エリザベスがさらわれてしまう。海賊の目的は、彼女がその時身につけていた例のメダルだった。一方、鍛冶屋で働く逞しい若者へと成長したウィルは、幽閉されていた元ブラックパール号船長で一匹狼の海賊ジャック・スパロウと手を組み、エリザベスの救出に向かう...

※コメント※
すがジェリー・ブラッカイマー製作 ポイントはしっかりおさえて、飽きさせない♪
ゴア・ヴァービンスキー監督だけあって、カット割りやアングル、音楽などアクションの見せ方がうまく、なかでも満月の夜、海賊たちががい骨となって現れるシーン、リアルにドキドキしました。
素直におもしろく、上映期間にその頃4歳の親戚の子は「海賊になる!!」と言い張っていました(笑)
まだ、二作目のデッドマンズ・チェストは機会がなく見てませんが、世間同様期待して観るのが楽しみです。

2006/08/09 23:49|ハ行TB:0CM:4

スポンサード リンク 

部屋で映画を♪ 

RSSフィード 

ブログ内 映画検索 

映画などのリンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 映画 DVD 気ままなブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。